比較バイナリーオプション
金融資産の積極的運用には実に様々な方法があります。とはいえ、どれも最初はとっつきにくいもの。しかし、その中の一つである「バイナリーオプション」が実は初心者にピッタリの投資方法だということはご存知でしょうか?

投資信託や株式、FXに先物取引


バイナリーオプションを初心者におすすめできる理由は大きく3点あります。

まず第一に、選択肢が少ないという点です。バイナリーオプションは基本的には2択です。方法としては、ある時点の指標から、一定時間後に上がっているか、下がっているかを判断するだけでいいのです。ちょうど、カジノのルーレットのようなものを想像してもらえばわかりやすいかと思います。つまり、赤あるいは黒のどちらが当たるかを予測するわけです。ルーレットの場合と同様に、より複雑な方法にして払い戻しの倍率を上げる方法もありますが、大多数のバイナリーオプションでは2択であり、初心者としてもその方がわかりやすいかと思います。

おすすめする2点目の理由は、利益と損失のコントロールがしやすいという点です。非常に人気のある投資方法の一つであるFXの場合では、確定しない限り、損失はドンドン膨らんでしまい、時として元本を割り込むことも多くあります。また、株式投資の場合では、損失は限定的ですが、一方で利益が出た際の確定が初心者には難しい点であるとされています。

つまり、ある程度上がって売るという選択肢を選べばいいのですが、もっと上がるのではないかという期待感から株を持ち続け、いつのまにかトントン、あるいは含み損になってしまうというリスクも考えられるのです。


ouiXMは少ない資金でハイレバレッジ勝負をかけるのに最適な業者です。888倍とレバレッジの最高限度は非常に高く、マイクロ口座ではロスカットの執行が証拠金の5%を切ったときなので、口座の95%の証拠金を取引に使えることになります。そして口座の残高がマイナスになっても追証が発生しない0カット制度も採用されています。手数料はもちろんかかりませんし、メジャーな通貨ペアならばスプレッドは1pipsと優秀です。公式ホームページは日本語を選択でき、サポートについても日本人スタッフがメールや電話などで対応してくれます。口座への入金は銀行送金はもちろん、クレジットカードや様々な電子マネーも使え、1時間ほどで処理は完了します。海外業者ではもたつきがちな出金手続きも早く、平均1営業日で完了します。

poupio英国の金融業者である247ホールディングスがグローバルに運営するバイナリーオプションブローカーが24optionです。日本でもバイナリーオプションを中心に提供しています。24optionは世界中の国々でサービスを提供しており、ホームページを始めとした環境では、英語を始めとしてイタリア語、フランス語、スペイン語、中国語、アラビア語、日本語などに全部で16か国語に対応しています。

そして24optionでは、さらに口座数を増やすためにボーナスを用意しています。ボーナスを用意しているバイナリーオプションブローカーは少なくありませんが、24optionのボーナスはその中でも充実しており、期間限定のキャンペーンなどでは、それがさらに充実します。口座開設を考えている人は、忘れずにチェックしましょう。

houeThinkForexでは人気のMetaTrader4と連携することができ、ThinkForexオリジナル版には独自のワンクリックで決済ができるエクステンションが付属しています。これは、インストールが完了した際に自動的にチャートに表示されるのでとても便利です。

従来のThinkForexのアカウント種別はベーシック、スタンダード、プロの3種類でしたが、2013年の5月に変更がありました。ベーシック、スタンダードの2つが統合され、一つのスタンダードアカウントにまとめられました。さらにそこにアルゴというアカウントが追加され、スタンダード、プロ、アルゴの3種類のアカウントになりました。今回のアカウント種別変更の最も注目すべき点は、全てのアカウントの最大レバレッジが500倍に統一されたことです。さらに、初回最低入金額の引き下げにより、以前に比べトレードを始めやすくなっています。

houqwe取引に関わる環境や諸条件が、高水準で整えられているのが、アイフォレックスの特徴と言えるでしょう。その最たるものが、業界最低水準のスプレッドと最高400倍のレバレッジです。スプレッドとレバレッジのそれぞれが、より好条件のFX業者は存在しますが、バランスの高さではアイフォレックスが優れていると言って良いでしょう。

レバレッジに関しても日本国内の業者が最大25倍である中で、一般的には400倍もあれば十分と言えます。高金利を誇る南アフリカランドも取り扱っているので、スワップポイント狙いの人にもお勧めです。リアルタイム入金が可能なクレジットカードでの入金なら、クレジットカードのショッピング枠の利用になるので、ポイントを貯めることができます。そして入金手数料も無料です。


バイナリーオプションの場合では、時間がくると強制的に決済されてしまうため、利益確定のタイミングを取る必要はありませんし、損失も、掛け金が0になるだけで済むのです。利益と損失のコントロールは投資初心者にとって最も難しい点であるとされているため、この点は大きなアドバンテージとなります。

最後に、投資を開始してから結果が出るまでの時間が非常に短いことが挙げられます。期間は証券会社やコースによって異なっており、長い場合では数日から数週間という証券会社もあるのですが、たいていの場合、数時間から1日、最も短いもので5分間というものもあります。短い時間で何回も投資をすることで、複利効果によって短時間で莫大な利益を上げることも可能となります。また、この点は先の2点と比較すると証券会社によって差があるため、証券会社を選ぶ際の基準の一つともなるでしょう。

私が思う、現在のトレンド投資法は、「バリュー新規株投資法」です。

いまいちピンとこないかとは思いますが、バリューとはそのままの意味で「価値がある」こと。新規株とは「上場して間もない」新しい銘柄のことです。バリュー投資法とは、本当は企業経営的に健全で価値があるのに、様々な外部要因や一時的な事業の不調などで株価(市場評価)が下がっている銘柄を中心に投資するスタイルのことです。有名な方であれば投資会社を設立して成功しているウォーレンバフェット氏が実践しています。

市場で評価されている株式銘柄のほとんどは株価も高めです。少し前であれば任天堂やファーストリテイリングなど、1株数万からしか参加できない銘柄もたくさんあります。一方で1株500円もしない銘柄もあり、悪いプレスニュースや事業の低迷などで落ち込んでいる銘柄もあります。ガンホーやタカタなど。

株価が低いのは、それなりの理由があるとされていますが、そもそも市場価格がどの様に動いているのかというと、お店が値段設定するのとは訳が違い、その価格で売りたい人と買いたい人がいて初めて売買が成立します。すなわち、株式市場に参加している人が各自の判断で売買するのです。そこで様々な企業ニュースや、四季報などで公表されている過去の実績をみるのです。

バリュー新規株投資法では、「いい企業だけど現在の株価が低い」企業を探します。それにプラスしての新規株要素は、上場して早めのタイミングだと、新事業やサービスを開発してリリースする可能性が高いので、その場合は期待感が市場に広がり株価が上がりやすいとされているからです。なので東京証券取引所に新規上場する銘柄の予定表をみて、ほとんどが東証マザーズというこれから広く評価されるであろう銘柄に投資していくのがトレンドと言えます。世界的な資金需要や国内の景気判断などに比較的左右されにくいです。

では、「いい企業」の判断はどうするのかというと、数字的な指標で判断します。具体的な指標は「株価純利益(PER)」「株価純資産倍率(PBR)」「株主資本利益率(ROE)」の3つで大まかな企業の情報は掴めます。

PERでは収益に対する発行済株式を株価で割ったものですので、数字が大きいほど割高になります。PBRは自己資本に対する発行済株式を株価で割ったものですので、1に近いほど資本がそのまま株価(すなわち本当の価値)だといえます。買い時かもしれません。ROEは純利益を自己資本で割り、100倍した数値です。株主資本をうまく純利益に変えることが出来ているかという評価になります。大きいほどいいです。

バリュー新規株投資法は、比較的世の中の金融情勢に関わらず始められる投資スタイルです。情勢が悪い時でもいい時でも、株価を決めるのは人の心理であることは変わりません。上手に自分のスタイルを確立していきましょう。





 

templatemo.com

トレンド

ドル円が80円から104円になったとき、非常にわかりやすいトレンドを示していました。1ドル85円ぐらいのときにも""これはわかりやすい、まだまだ円売りドル買いが続く""と予測しました。が、それまで自分の予測は外れることのほうが多いため投資はしませんでした。ときどき相場を見るだけにしていました。投資せずに客観的に見ていたら予測どおりに動き、投資をしたら予測が外れて思わぬほうへ動くというジンクスがあるため、このわかりやすいトレンドのときには投資はできませんでした。