比較バイナリーオプション
金融資産の積極的運用には実に様々な方法があります。とはいえ、どれも最初はとっつきにくいもの。しかし、その中の一つである「バイナリーオプション」が実は初心者にピッタリの投資方法だということはご存知でしょうか?

会社側が得られるアドバンテージ


oudsd 株式投資やFXといった金融商品サービスを提供する会社は、どのようにして利益を上げているのかを考えたことがありますか?主な収益の内訳はその会社を利用して取引をするトレーダーから徴収する手数料にあります。会社側が多くの儲けを出すには、その会社を利用するトレーダーである参加者を増やすことです。トレーダーである取引参加者が増えれば取引数が増え、その分サービスを提供している会社に利益が入ってくるという仕組みです。

実際のところ、会社側の本音はトレーダーが取引に勝つか負けるかといった結果はどちらでもよいのです。それよりも、いかに参加者が増えるかどうか取引の母体数を増やしたいという点を気にかけているはずです。しかし、トレーダーにとって魅力的な取引ができない会社では人気が出ません。特に相場が停滞している時などは損失を出すリスクはないものの、利益を上げるチャンスも小さくなってしまいます。プロのトレーダーであれば市場が停滞していても利益を上げ続けるのかもしれませんが、会社側としてみればやはり多くの参加者を集めてこその利益になるわけです。

では、そういった市場が停滞している時でもトレーダーを惹きつけるような会社になるにはどうすれば良いのか?そこで考えられたのがバイナリーオプションなのです。相場自体を動かすことは容易ではありません。経済の状態によってどうしたって動かない市場になってしまう時期があるからです。しかしバイナリーオプションなら市場が停滞している時でも取引として成立し、多くのトレーダーを退屈させずに魅了することが可能なのです。

ハイローオーストラリアに代表されるバイナリーオプションでは、基本的に一定時間後の取引終了時点で相場が上になっているか下になっているかを予想するシンプルなルールとなっています。この予想が当たれば、賭けた金額の約2倍がペイアウトされますし、負けたら賭けた分の金額が没収されるのみでそれ以上の損失はありません。非常にわかりやすいルールとどんな市場に対しても均等にチャンスがある点で、多くの人が参加しています。

相場が変動しないといってもウンともスンとも言わない状態はありえません。常々微妙な状態でも何かしら動いているもので、これがバイナリーオプションのルールが絶妙にマッチングしているわけです。通常、株などの投資は相場が一定以上の動きがないと利益を出すのが難しいのですが、バイナリーオプションならわずかな動きでも取引が可能です。たとえ0.0001円の動きでも利益を確定できる取引になります。これがバイナリーオプションが多くの人から人気を集める理由になっており、会社側からすると多くの参加者を集められる一押しの金融商品となっているのです。





 

templatemo.com

トレンド

ドル円が80円から104円になったとき、非常にわかりやすいトレンドを示していました。1ドル85円ぐらいのときにも""これはわかりやすい、まだまだ円売りドル買いが続く""と予測しました。が、それまで自分の予測は外れることのほうが多いため投資はしませんでした。ときどき相場を見るだけにしていました。投資せずに客観的に見ていたら予測どおりに動き、投資をしたら予測が外れて思わぬほうへ動くというジンクスがあるため、このわかりやすいトレンドのときには投資はできませんでした。