比較バイナリーオプション
金融資産の積極的運用には実に様々な方法があります。とはいえ、どれも最初はとっつきにくいもの。しかし、その中の一つである「バイナリーオプション」が実は初心者にピッタリの投資方法だということはご存知でしょうか?

日本国内と海外のFX業者の違いとは?


oudsd これからFXを始めようと思っても何からしたらいいのかわからないという人もいるかもしれません。
FXをやる上で最初に必要なことは、どこのFX業者を利用するのかを選ぶことです。選んだFX業者に登録して、FX取引用の口座を開設したらようやくFX取引を利用することができます。
FX業者は日本国内はもちろん、海外にもたくさんあるため、非常に選択肢が多くなります。そもそもFX業者というのは、そんなにたくさんあってもどのような違いがあるのでしょうか?
今回は国内と海外の業者の違いを中心に紹介したいと思いますので、FX業者選びに悩んでいる人はぜひ参考にしてください。


まずFX業者は大きく分けて、日本国内の業者と海外の業者に分類できます。どちらかというと日本国内は少数派で、数の上では圧倒的に海外の方が多いようです。
FXの最大の魅力はやはりレバレッジでしょう。FXでは証拠金を預けて取引をするわけですが、レバレッジを利用すれば証拠金の何倍もの取引が可能になります。
日本のFX業者は規制が厳しいため、レバレッジは25倍までと制限されています。25倍でも十分な気がするかもしれませんが、海外のFX業者の場合にはなんと数百倍ものレバレッジを利用できることが多いです。
レバレッジの倍率が高いほど、少ない資金で大きな取引をすることが可能ですので、それほど多くの資金を用意できなくても、たくさんの利益が得られる可能性があります。
もちろん高レバレッジの取引を利用するということは、それだけリスクを抱えることになりますので安易には多用できませんが、選択肢の多さは戦略の幅につながります。

それに対して、日本の業者が優れているところはなんなのかというと、やはり信用度や安全度が優れているというところでしょう。
規制が厳しいということは、逆に言えばそれだけ変な業者が存在しにくいわけです。極端な話、日本国内の業者ならどこを選んでも問題なく利用できると思います。
しかも日本の業者は日本語が通じるというメリットもありますので、もしトラブルや疑問点があったとしても、スムーズにサポートを受けることができるのも大きいですね。

日本人投資家は日本国内の業者を選ぶことが多いのかというと、そうでもないようです。やはり海外のFX業者も魅力的ですので、海外の業者を利用する日本人が増えているようです。
その結果、海外のFX業者でも日本人向けのサービスを展開しているところも少なくありませんし、今後はさらに増えていくと思います。
日本語のサポートを受けられるところも多いですので、英語がわからなくても利用できますね。ほとんど日本国内の業者に近いサポートを受けられる業者もあるようですので、選択肢のひとつになっていくと思います。
ただし、海外にはたくさんのFX業者がありますので、中には問題のある業者が存在するかもしれません。日本国内以上にどこの業者を選ぶのかがとても重要になってきています。
問題のない業者を選択しないためにも、重要なことはやはり事前にきちんと情報を収集することでしょう。いろいろな業者を比較してみると、それぞれの業者の特徴もよくわかるようになると思います。





 

templatemo.com

トレンド

ドル円が80円から104円になったとき、非常にわかりやすいトレンドを示していました。1ドル85円ぐらいのときにも""これはわかりやすい、まだまだ円売りドル買いが続く""と予測しました。が、それまで自分の予測は外れることのほうが多いため投資はしませんでした。ときどき相場を見るだけにしていました。投資せずに客観的に見ていたら予測どおりに動き、投資をしたら予測が外れて思わぬほうへ動くというジンクスがあるため、このわかりやすいトレンドのときには投資はできませんでした。