比較バイナリーオプション
金融資産の積極的運用には実に様々な方法があります。とはいえ、どれも最初はとっつきにくいもの。しかし、その中の一つである「バイナリーオプション」が実は初心者にピッタリの投資方法だということはご存知でしょうか?

個別の株式の銘柄や株価の指数、商品の指数等


twere日本においてはバイナリーオプションと言えば、為替を取り扱うのが主流です。海外のバイナリーオプションでは為替だけでなく、個別の株式の銘柄や株価の指数、商品の指数など多種多様なものから選ぶことができます。たとえば、googleやアップル、マイクロソフトといった有名な大企業の個別の株価や、日経225、S&Pseng500といった株価指標、金などの商品を選ぶことができます。自分の自由でエントリーが可能な海外のバイナリーオプションではエントリーのタイミングも日本のそれとは違いがあります。タイミングが固定されていませんので、発注が可能な定められている範囲内であれば、いつでもエントリーが可能というわけです。

このことによって、指標発表前の相場の動きを予測して取引を行うのが非常に簡単になります。時間内であれば複数注文が可能になっていますので、状況をじっくり考えた上で、買い増しでさらに利益を上乗せするということも可能です。日本のバイナリーオプションにおいては中間地点にスプレッドがある場合がありますが、海外の場合はそのスプレッドがなくて、上下のみになります。

スプレッドが存在しないことによって、期限時点の価格が同じとなる場合もありますが、その場合は引き分けとして全額払い戻しを受けられますので、公平なシステムになっていると思います。FXについてもハイローのような海外業者はすぐに取引が可能なのですが、バイナリーオプションにおいても同様にオンラインだけで口座を開設することができ、郵送などで時間を取らせることはありません。

海外のバイナリーオプション業者(24OPTION | 24オプション.biz 口座開設のようなもの)であっても、口座は申請・申し込みから二分から三分程度の時間で簡単にほとんどの場合は開設されまして、クレジットカードなどを活用してその開設した口座に入金すればすぐに取引を始めることが可能になっています。私が今、海外のバイナリーオプション業者でお勧めしたいと思っているのが「24オプション.com」という業者です。この業者はバイナリーオプションの専門業者として、海外の数ある業者の中でも比較的早い時期から日本に参入してきています。そのため、日本語でのサービスや対応に力が入っており、初心者でも気軽に利用することができます。何か問題が起こったときや質問がしたいときに日本語を用いたサポート体制が不十分という理由で不便を感じることはないでしょう。注文方法も充実していて、途中決済も可能など自由度が高いことも注目している理由になります。






 

templatemo.com

トレンド

ドル円が80円から104円になったとき、非常にわかりやすいトレンドを示していました。1ドル85円ぐらいのときにも""これはわかりやすい、まだまだ円売りドル買いが続く""と予測しました。が、それまで自分の予測は外れることのほうが多いため投資はしませんでした。ときどき相場を見るだけにしていました。投資せずに客観的に見ていたら予測どおりに動き、投資をしたら予測が外れて思わぬほうへ動くというジンクスがあるため、このわかりやすいトレンドのときには投資はできませんでした。