比較バイナリーオプション
金融資産の積極的運用には実に様々な方法があります。とはいえ、どれも最初はとっつきにくいもの。しかし、その中の一つである「バイナリーオプション」が実は初心者にピッタリの投資方法だということはご存知でしょうか?

リスク分散型の「複数通貨セット買い」の方法


oureリスク分散型の「複数通貨セット買い」の方法

バイナリーオプションでリスク分散型の投資をするなら、各種通貨同士の連動性に着目して「複数通貨セット買い」がおすすめの方法です。バイナリーオプションは複数の通貨を取扱っているので、例としては、たとえば値動きの最も小さい「米ドル・円」が現在値にもっとも近く低リスクになったときに購入し、さらにそれに加えて、反対に値変動の激しい「英ポンド・円」の高リスク通貨を同時に購入することで、投資の楽しみも増やすことができ、リスクを分散した投資ができるのです。

複数通貨取引のメリットはなんといってもリスクヘッジができること。例えば現在値より大幅な値変動のあった外貨チケットは非常に低下で購入できます。この通貨が例え掛け金没収となってしまってもダメージを最小限に抑えることができます。さらに低リスクにとどめる取引方法としては、米ドル・円とユーロ・米ドルを併せて購入する方法があります。この2通貨は真反対の値動きをする可能性が高く、例えば米ドル・円が予想と逆の動きをしたら、逆の方向に動いたユーロ・米ドルの方を追加購入することで、全体のリスクを最小に抑えることができます。これを時間差購入といいます。

ポイント:4通貨ペア購入の特徴

米ドル・円 値変動が小さくビギナーにおすすめ
米ドル・円は全ての通貨のなかで2番目に取引量が多い通貨チケットです。そのため、値変動も安定しています。レートの急変が最も起きにくく、為替情報も最も入手しやすいといえますのでバイナリー初心者におすすめです。

ユーロ・円 ユーロ危機のいま、変動をうまく利用
ユーロ・円の値変動は米ドル・円並みに変動の無い期間もありますが、ギリシャ危機の救済措置でのユーロ連邦の動きを例として、急激な値変動が起こりがちな通貨チケットです。ユーロ・円の買い方としては、高倍率バイナリーを狙い、ユーロ安・高のタイミングをみて購入することです。

英ポンド・円 博打にちかい高倍率狙いの商品
英ポンド・円は、主要通貨チケットのなかでは比較的値変動の低い商品です。有名なのは、大投資家が投機的な目的で大口の取引をするために、時には激しい値動きがあること。この「投機マネー」が為替の急落・急騰をもたらすため、そのタイミングを見計らえば高倍率バイナリーが狙える商品です。

ユーロ・米ドル 最も取引量が多く、トレンドにのれば高倍率
ユーロ・米ドルが全通貨の中で最大の取引量があります。値動きは非常に大きく、市場トレンドが強いときには方向性の予想がしやすいため、バイナリーで高倍率を狙うことができます。注意としては、といっても高リスク高リターンの通貨で、難易度が高い点です。

複数通貨購入パターンのおすすめの組み合わせ

米ドル・円と英ポンド・円
前者は値動きが少なく超安定型、後者は急落・急騰の激しい高リスクチケット。この真反対の特徴の通貨ペアを買うときは、米ドル・円は現在値に最も近い低倍率のチケットを購入し、一方英ポンド・円は現在値から最も遠くなった高倍率のチケット買う。この米ドル・円を保険として、英ポンド・円の高倍率ハイリターンを狙うことで効率的な投資ができます。

米ドル・円とユーロ・米ドル 真逆の動きをする2通貨でリスクヘッジ
たとえば、米国経済指標の上昇に伴うドル高の場合に前者のレートが上昇したときなど、後者の通貨は逆に値下げの動きをしている場合が多いです。この反比例の関係にある通貨チケットを併せて買うことで、リスクを最小限に抑えることができます。






 

templatemo.com

トレンド

ドル円が80円から104円になったとき、非常にわかりやすいトレンドを示していました。1ドル85円ぐらいのときにも""これはわかりやすい、まだまだ円売りドル買いが続く""と予測しました。が、それまで自分の予測は外れることのほうが多いため投資はしませんでした。ときどき相場を見るだけにしていました。投資せずに客観的に見ていたら予測どおりに動き、投資をしたら予測が外れて思わぬほうへ動くというジンクスがあるため、このわかりやすいトレンドのときには投資はできませんでした。