比較バイナリーオプション
金融資産の積極的運用には実に様々な方法があります。とはいえ、どれも最初はとっつきにくいもの。しかし、その中の一つである「バイナリーオプション」が実は初心者にピッタリの投資方法だということはご存知でしょうか?

FX経験者が参入しやすい特徴


werewrこれまでネットトレードと言えば、株式取引とFXが主流でした。最近ではそこにバイナリ—オプションも加わって、非常に多くのトレーダーが投資をたしなむようになってきました。

実際の所、FXとバイナリ—オプションは非常によく似ているため、FX経験者が参入しやすい特徴があります。また、バイナリ—オプションの経験をFXに活かすことも出来るため、両者は相利的な関係にあると言っても過言ではありません。FXとバイナリ—オプションの共通点・相違点を具体的に見ていきましょう。

FX・バイナリ—オプションの共通点

・通貨ペア
FXにせよバイナリ—オプションにせよ扱う金融商品は外国為替の通貨ペアなので、トレードに際して違和感を感じることはほとんどありません。各FX業者によって取り扱われている通貨ペアは異なりますが、ドルやユーロなど非常に知名度の高い外貨ばかりであり、大して苦労せずに組み合わせを覚えられることでしょう。

・為替相場
両方とも、為替相場の動向を予測する判断力を求められます。購入した通貨のレートが上がれば利益が膨らみますし、逆に下がれば損失に転じます。現時点で自分がとるべき行動は「買い」なのか「売り」なのか、チャートをフル活用して将来の値動きを予想しながら投資するという点では両者に差はありません。

FX・バイナリ—オプションの相違点
・取引時間

FXの場合、仕掛けたポジションをいつ精算しようと基本的にトレーダーの自由です。「もっと利益が膨らみそう」と判断すれば長期に渡って保有しても構いませんし、「これ以上我慢していると損失が増大しそう」と判断すれば収支がマイナスでも手放せます。当日中に決済する人もいれば数か月以上市場を観察する人もいます。

しかしバイナリ—オプションの場合、チケットを購入した時点で取引の終了時刻があらかじめ決められています。判定時刻におけるレートの価格によって利益・損失が決まるルールになっており、トレーダーにはその時刻をずらす権利はありません。短時間で結果が出るシンプルさと引き換えに、取引時間の自由度は低くなっています。

・最大損失額
FXにおける利益・損失額には限度がありません。一回の取引で何百万円もの利益を得ることもあれば、逆に何千万円もの損失を被る恐れもあります。全てはトレーダーがポジションを手仕舞うタイミング次第です。

その点、バイナリ—オプションならたとえレートが急変して予想が外れても、その価格にかかわらず失うのはチケット購入代金のみです。中には途中で精算して損失額を軽減させることの出来るシステムを採用している所もあります。非常にリスク管理が容易であり、初心者向きと言えます。







 

templatemo.com

トレンド

ドル円が80円から104円になったとき、非常にわかりやすいトレンドを示していました。1ドル85円ぐらいのときにも""これはわかりやすい、まだまだ円売りドル買いが続く""と予測しました。が、それまで自分の予測は外れることのほうが多いため投資はしませんでした。ときどき相場を見るだけにしていました。投資せずに客観的に見ていたら予測どおりに動き、投資をしたら予測が外れて思わぬほうへ動くというジンクスがあるため、このわかりやすいトレンドのときには投資はできませんでした。